30年のブランクを経て再開したピアノです
http://mypianoroom.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

ふうこ

Author:ふうこ


子ども時代は中2まで
再開して5年目に入りました
これからもたくさんの美しい曲に出会えるように…
頑張っていきたいと思います♪


<現在レッスン中>
・バッハ イタリア協奏曲 3楽章
・ショパン ノクターンOp.55 No.1 

<自主練習中>




※一部記事を限定公開にしています
 ブロとも、パスワードについては
 どうぞお気軽におたずねください♪





カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メール

メールは、こちら から

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
2013.07.19/ 11:08(Fri)
発表会後初めてのレッスンに行ってきました。

練習中の「ノクターン19番」を見ていただき、
並行して弾く曲を選んでもらったところ、↓ になりました。


1_20130719103032.jpg

2_20130719103034.jpg



ノクターンといっしょに練習すると相乗効果がある曲、ということで、
モーツァルトのレッジェーロの曲がいいでしょう、となり・・・

一番最初に弾いてくださったのがこのファンタジアとあとに続くソナタでした。
正直「ギョエー!」っていう感じで…。
先生が弾くと超上級に聞こえる~~!


ファンタジアはモツソナの中にも入ってるかもしれないということで、
もしなければモーツァルトの変奏曲とかロンドとかでもいいですよ・・・と。

帰ってモツソナの2巻を見たら入っていたので早速弾いてみたら、
聴いた感じほど難しくなく、やっぱりモーツァルトは弾くだけなら中級なんですね。

ファンタジアでなくても何でもいいですよ、と言われたものの、
私にどれがレッジェーロで弾く曲かもわからないし、とにかくこれをやってみる
ことにしました。

ややこしい数え方に慣れると弾くのはなんとかなりそうですが、
これを真剣に練習するとなると話は別です。
この出だしからのなんとも言えない曲の雰囲気
また恐ろしい日々が始まる~







それとこちらはショパンの「ロマンス」です。↓
以前OKが出ていたので、こっそり練をしようと思ってポチしたのが届きました。


3_20130719103035.jpg

4_20130719103036.jpg



上の段(Ⅰ)がピアノで下の段(Ⅱ)がオーケストラだそうですが、一部手直しして
ピアノのところだけ弾いてもちゃんとした曲になるそうです。

まあこちらはゆっくりゆっくり・・・
ノクターン19番のあとにでもできれば…と思っています





 
スポンサーサイト
Genre: 音楽 Theme: ピアノ Category: レッスン
編集[管理者用] Comment(2) 
2013.07.10/ 09:56(Wed)
先日発表会もなんとか無事に終わり、久しぶりに録音しアップしてみました。
↑、ほんとは全然無事ではなく、バッハが滅茶苦茶で・・・

バッハは長い間やっていたので暗譜が飛ぶなんて思いもしなかったのに、
6月末のレッスンでいい出来だったのが逆に災いしました。
ノクターンは「まだまだ」と言われたぶん、気乗りがしないながらも頑張らざるを得なく、
大丈夫なバッハはそっちのけ。
発表会前の日に弾いたらバッハはガタガタになっていて、そのまま本番に突入!でした

(音源は「試聴」の中にあります。
アップしてから自分の録音を聴いてみたら、なんか思ったのと違うところも数か所です。
発表会終えて何を今さら…ですね
バッハのほうもせっかくなので、もう一度ちょっと練習してまた録音したいものです・・・)



思えばほんとに久しぶりの音源アップです。
去年の8月が最後。
8月といえば猫騒動があって、私のピアノはそこでストップしました。
手の方もそれなりに良くなってきたので、自分の練習とレッスンの記録として
またブログも少しまともに書ければな~と思います。



そうそう、今朝いいことがありました。
市の広報の中に、市内で猫のTNR活動をされてる方の記事を発見!!

大○川を渡ったら文化度が落ちると言われていて、特に私が住むこの地域では
そういう活動はまだまだ芽生えないものと思っていたのでビックリです。

いつもお世話になってる離れた地域のグループの方は裏の困ったさんにお話してあげると
言ってくださるんですが、なかなか踏ん切りがつかなくて、いつかいつか…と
思ううちに日が過ぎていってました。

去年保護した母猫そっくりの猫がお腹がふくらんだ状態で外を歩いてるのを見たし、
全部の手術となると20万くらいは優にかかる予想です。
去年5匹の保護をしたときでも医療費など諸々でそれくらいはかかったし、
なかなか一人ではしんどいのが現状。

あとで早速電話してみようと思います!





 
Genre: 音楽 Theme: ピアノ Category: ピアノいろいろ
編集[管理者用] Comment(0) 
2013.07.02/ 11:35(Tue)
先週で、発表会前のレッスンが終わりました。

バッハは2か所ほど指摘されたくらいでしたが、
ノクターンは相変わらずまだまだって感じでした~~。
前回書いたような”おじいさんがひょこひょこ歩いてる”という状態からは
なんとか脱したようだけど、今度は姿勢を言われました。

難しい左手の力加減を調整するのにやっていた身体の使い方が変だそうで・・・
身体を使っちゃダメと言われ、ちょっと焦った。
でもまあここまでの練習の甲斐あって、なんとかその場で身体を使わず弾けてホッとしました…。

まだあっちもこっちも出来てないけど、先生に言われたことを思い出しながら
最後の追い込み、必死でのんびりやっています。

先生のレッスンが終わったらなんか緊張の糸がプツンと切れてしまってね。
数日ピアノにも触らず練習さぼりました~!


            

4月末に最初のレッスンを受けたので、15番は丸2ヶ月間見ていただいたわけです。
でも長かったなぁ。
難しくてほんとに大変でずっと迷い続けた日々だったので、2か月なんてウソみたい。

最初のレッスンのときに、
「もう選ぶのにCDを聴いてしまってるんですよね~。
 でも今日からはもう聴かないでくださいね。」と釘をさされました。

結局昨日になって初めて YouTube で聴いてみました。
思ったよりたくさんのピアニストさんの演奏があって、
先生にダメと言われた”ひょこひょこ”風の人もいたし、メチャ速い人もいました
いろいろですね。
これだけレッスン受けたあとに聴いたら、さすがに真似にはならんね~。


次の曲ですが、とりあえずノクターン19番をすることになりました。
14番も弾いてみたかったのですが、この2か月のレッスンを思うと
15番より難しそうな曲はちょっと言い出せなかった・・・です。
次回のレッスンであと1曲は先生に選んでいただくことにします。

気分転換に19番も弾きながら、あと少し頑張りま~す!



 
Genre: 音楽 Theme: ピアノ Category: レッスン
編集[管理者用] Comment(0) 
昨日は先週に続いてレッスンでした

発表会間際の7月のレッスンは受けられない予定なので、
6月中は毎週レッスンしてもらうことにしたのです。


まずはバッハ・・・
ほんとうは「ノクターンもイタリア協奏曲も暗譜で」と言われていたのですが、
両方ともには到達できず、イタリア協奏曲だけ暗譜で挑戦しました。 

家では止まらないようなところで立ち往生が数か所でした。 
自分では”あと一歩”と思っていても、まだまだだということですね。
でもまあ弾く方はほとんど仕上がってきました。
あとは個々の場面での音色が課題です。

ノクターンは・・・
先週、まさにズタズタだったのを少しましにできたつもりで行きましたが…。
良くなったのは細かい歌いまわしだけですって。

それで言われたのがタイトルの言葉です。
アンダンテで弾いてるのですが、
「おじいさんがひょこひょこ歩いてるみたい」ですと!

アンダンテは足踏みじゃない、前へ進んでる感じがしないとダメ!といつも言われますが、
全然進んでる感じがしないし、ひょこひょこ歩くおじいさんだそうです。
何が悪いかと言ったら、左手の伴奏がひょこひょこしてるって
初めて弾いたときからもうずっと変だ、変だと言われ続けてるので、
これでもずいぶん気を使って弾いてるつもりなんです。
音も静かに鳴らしてるつもりなんだけど・・・
でもまだ滑稽なんですって。
「ど~~すりゃいいの~~さ」って歌が口をついて出そうです。
(↑ 古い演歌です。『長崎ブルース』)

昨日は4拍子のこの伴奏をどう弾くかを改めて習ってきました。
ひょこひょこ聞こえるのは弱拍のところが強いからと。
強拍と弱拍を弾き分けるってほんとに難しいですね。
これはバッハでも言われています。
今週の課題の一つです。

最初の2ページは同じことの繰り返し。
この部分が下手だとみんな聴いてくれない、と言われます。
(発表会とそういうのじゃなく、いつも聴く人がどう思うかが先生の基準)
左手のことばかり考えてると右手がつられて旋律もひょこひょこになるし、
どうやって左右を弾き分けるかが一番の課題。
この微妙な力加減をマスターするのは私には至難のわざです。

その他中間部もほんとに難しくって四苦八苦しています。
最後のほうはまだこれからという状態・・・

私「弾くだけならやさしいのに、こんなに難しい曲だったんですね。」
先生「ただ弾くだけなら何を弾いてもいっしょ。
   やるならこれくらいやりましょう…」

って先生のお手本が”これくらい”なんですよ。
先生が千歩先にいるとして、たとえ一歩でも近づけられるかどうか…です





 
Genre: 音楽 Theme: ピアノ Category: レッスン
編集[管理者用] Comment(0) 
あっという間に1ヶ月が経って、またしても広告が・・・

大変ご無沙汰してしまいましたが、相変わらず2週間に1度のペースでレッスン行って、
のんびりやってる私です


ノクターン15番。
譜読みは簡単と言える曲でしたが、そのあと落とし穴が待ってました。
ゆっくりすぎて弾きにくいのです。
(速かったら速かったで「指がまわれへん」と言うし、文句ばっかりですね

右手の4分音符の旋律をアンダンテでゆっくり弾くのが私にはとっても難しい。
力の入れ具合がコロコロと変わってしまって変になっちゃう・・・

何回か見ていただいて、先日ようやく弾き方を注意されました。
一定の音を出すにはやっぱり普通に弾いていてはダメなんですね。

「手の内側の筋肉を使って弾くんです」、と!

手のひらの筋肉ですよ。
感じようとするのだけど、そこに筋肉があることすら感じられない私。
でもまあ手の形をできるだけ保つ努力を始めて、少し音が揃うようになりました。

一番最後のほうのアルペジオ形のところは逆に、「手の甲でしっかり支えて」と言われます。
これは何度か言われたことがあるので、少しわかります。
アルペジオだけど手首使わないで、手の甲の形を保って弾くのですよね。

短くてやさしい曲なんだけど、奥はとっても深いです。
いつまでも楽譜を見ながら弾いていたらダメだな、と昨日1週間ぶりに練習して思いました。
1週間さぼってしまったのは、難しくってちょっと気持ちが離れたのもある・・・

それで急きょ暗譜に励むことにしました。
暗譜したら途端に弾きやすくなって、今日はなんだかんだと3時間くらい遊びました。

来月の発表会は、ノクターンとイタリア協奏曲3楽章(半分くらいに短縮したもの)
を弾くことになりました。
イタリア協奏曲は練習曲代わりに最近よく弾いていたので、ほとんど暗譜しててラッキー!!
ノクターンもあと少し、です。

水曜日のレッスンまでにどちらも暗譜できたらいいな~






 
Genre: 音楽 Theme: ピアノ Category: 練習
編集[管理者用] Comment(4) 
先週のこと、ノクターンの初めてのレッスンがありました。


ノクターン15番 Op.55 No.1
1_20130430123032.jpg




6日前に曲が決まったところで、なんとか最後まで弾ける程度でレッスンに行きました。
とりあえず最後まで弾き終わり先生が最初に発した言葉は、、
「5月中に仕上げて、6月に入ったらいつでも人前で弾ける状態にもっていきましょうか」

昨年のアベッグ変奏曲はスタートが4月の初めでしたが、同じようなことをおっしゃってた
記憶があります。
あの曲に比べたら雲泥の差の今回の曲。
なんとか先生のおっしゃるのに近い状態にもっていけるかな…と、去年よりは少し気楽な
気分でうなずいた私です


手にやさしいということで選んだ15番は、今でこそちょっと弾きにくい箇所があるけれど、
いつまでも「出来ないよ~」って悩むほどのところは皆無です。

ただあまりの練習不足で柔軟性がますます無くなってしまった手。
あっちもこっちも弾きにくくて苦労してます。
手首ってピアノを弾くにあたってどれだけ大きな役割を担っているか、
こうなって初めて気づいたんですよね~

なんかこのところ自分の手が割りばしか棒みたいに思えてしょうがない。。
テレビで宣伝してる『世田谷育ちのグ○コサミン』 でも飲んだら少しは良くなるかしら?
なんてちょっと本気で思ったり・・・


譜読みの苦労がほとんどないまま表現に入っていける曲で発表会って、少し物足りなさも感じるし、
逆にとっても気楽ですね。
でももしかしたらあと少し何かをセットで弾くことになるかも。
先生には「イタリア協奏曲の3楽章をかいつまんで弾いてもいいかな」
「手の練習にもなるし3楽章も弾いておいてください」と言われました。

左手は90%くらい回復し、右手の筋肉の張りもずいぶんましになってきました。
でもなにしろホント練習不足がたたってます。
イタリア協奏曲もボロボロなので、少しずつ練習始めました。

でもあくまでもノクターンをメインに練習するようにとのお達しです。
右手は p のところも大きめの音で弾いて、どう表現したらいいか感じてくるように、と。
たくさん弾いていっぱい悩んで考えて・・・
次回までの課題です。
頑張ろ!




 
Genre: 音楽 Theme: ピアノ Category: レッスン
編集[管理者用] Comment(0) 
2013.04.19/ 11:28(Fri)
昨日、先生からお返事があって、発表会(サークルの)に弾く曲がようやく決まりました!

CDを買って聴いてみて、今回は左手のことがあったので弾いてみて・・・
絞り込むのに時間がかかりました。

アルペジオ系の伴奏はやめておくことにし、昔レッスンしてもらったり遊んだりした曲も
除外し、候補は14番と15番になりました。

結局時間もないことだしやさしい方の15番(Op.55 No.1)に決まりましたが、
14番も手が届きそうないい曲だな~~
機会があればまた弾いてみたいと思います。

それとアルペジオ系の伴奏のため今回候補から外した19番も素敵!
猫関連で辛かったときによく聴いたヒーリングアルバムに載ってる曲です。
これもまたいつか…って思います。

先日のレッスンのときに先生から「ロマンス」にもOKが出てるので、
私にしては珍しくいろいろ弾きたい曲があるじゃない!

去年の8月からという長すぎる”半ブランク状態”の付けはかなり大きいので、
ゆっくりと手を鍛え直しつつ、いろいろ弾いていければな~と思います



ところで・・・
昨日はまたしても集まりがあり参加してきました。
とっても良いお天気の暖かい日で、外を歩いてるだけで気持ち良かった。

同じ駅に向かった3人でお茶して帰りました。
娘でもいたらだけど、一人じゃなかなか行かないような専門店が集まるところ。
ケーキがとっても美味しかった





 
Genre: 音楽 Theme: ピアノ Category: 練習
編集[管理者用] Comment(0) 
 
Copyright © 2017 ♪My Piano Room, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。